この日、この空、この私 第2部



カテゴリ:[ ] キーワード: 絵の虫


584件の内、新着の記事から20件ずつ表示します。


[604] ”ぱ” さん 元気ですか?

投稿者: 世捨て人 投稿日:2017年 6月 2日(金)10時05分33秒 zaq3d2edb2a.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

 チェンマイ暮らしも長いようで、ご苦労も有るんでしょうね?投稿も途絶え健康に問題が有るのでしょうか。
宜しければ、近況をお知らせくださいませ。




[603] ノーベル文学賞って何だった?

投稿者: 世捨て人 投稿日:2016年12月21日(水)09時59分6秒 zaq3d2edb2a.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

この度はフォーク歌手のボブディランがノーベル文学賞を受賞し物議をされましたが?
過去の文学賞受賞者は、大方が詩人で有った事が忘れられていますね。現在では 詩人と小説家が半分ずつぐらいですかね。
邦題:風にふかれて Blowin’ In The Wind ^^♪♪♪^^

あとどれだけ道を歩けば
一人前と呼ばれるのだろうか
あとどれだけ海を渡れば
白い鳩は(平和の象徴)羽を休めることができるのだろうか
あとどれだけ大砲の弾が放たれれば
白い鳩は羽を休めることができるのだろうか
あとどれだけ大砲の弾が放たれれば
二度と放たれることのない日が来るのだろうか
その答えは、そう、風に吹かれて
風に吹かれているんだ

あとどれだけ歳月が経てば
山は海に流されるのだろうか?
あとどれだけ歳月が経てば
人は自由の身になれるのだろうか?
あとどれだけ見なかったふりをするため
人は顔を背けるのだろうか?
その答えは、そう、風に吹かれて
風に吹かれているんだよ

あとどれだけ見上げれば
空(安息)が見られるのだろうか?
あとどれだけ耳があれば
人々が泣き叫ぶ声が聞こえるのだろうか?
あとどれだけ人が亡くなれば
亡くなり過ぎていることに気づくのだろうか?
その答えは、そう、風に吹かれて
風に吹かれてしまっているんだ

** 恐らく誰もが聴いたことのあるこの曲は
  反戦の曲として有名であり
  ディランを「フォークの貴公子」として有名にさせた曲でもある訳ですが
  単純に反戦というわけでもなく

     ********** 痛烈に世の中を批判している曲でも有ります **********

ディランは当時のインタビューで・・このようにも言っています。

俺はまだ21歳だが
そのこと(目を背けること)に気がついてしまったんだ
あんたら大人はだいたい21歳より上だし
もっと頭がいいはずだろう?



[602] (無題)

投稿者: パク クネ韓国大統領が打倒された。 投稿日:2016年12月10日(土)20時18分26秒 182.232.13.165  通報   返信・引用

マンセー



[601] 御用学者じゃなかった故、国内では評価されなかった。

投稿者: 世捨て人 投稿日:2016年10月 4日(火)09時33分3秒 zaq3d2ec71e.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

 ノーベル医学生理学賞の受賞者、大熊良典氏が述べた・・
ゆとりを持って 基礎科学の研究を見守ってくれる社会に成って欲しいと・・
僕の研究成果が本当に社会に役立つのは、100年後かもしれないと・・
 **** 科学が「役に立つ」という言葉が ****  社会を駄目にしている・・
これは痛烈なる日本政府が推し進める、成果主義への批判なのでは・・
短期的な実利に傾注配分「科研費」文科行政への諫言。

社会がゆとりを持って基礎科学を見守り、研究者を育てることが なかなか難しい世の中になっています。

                                        合掌

 



[600] 日本の崩壊が、政治・経済・社会秩序が・・

投稿者: 世捨て人 投稿日:2016年 9月22日(木)10時42分48秒 zaq3d2ec71e.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

 NHK報道番組で明らかにされました。
世界に誇るとされる自動車業界までもが・・
「自動運転革命」は、グーグルが参入する中、日産はイスラエル企業にたより、トヨタはドイツのコンチネンタルのセンサーを購入。 もんじゅ や 東芝原発に頼るアベノミクスのもとで日本の科学技術崩壊の現実をよく示していた。
三菱重工の純国産と言われている ロケット(ブラックBOX)の制御装置や 純国産ジェット旅客機(エンジンはG・E・ロールスロイス製)と言いながら・・肝心要な部品は全て米国や外国製品なんですね・・
敗戦後71年経っても、真面目に基礎的なる勉学してこなかった ツケ が如実に結果として表れましたね!
更に劣化や崩壊のスピードは留まりません・・年金&医療も既に崩壊しているのに・・・

                                        *合掌です*




[599] 左右の偏向

投稿者: ぱ  投稿日:2016年 8月27日(土)20時18分16秒 182.232.21.251  通報   返信・引用

生前退位を憲法改正を抱き合わせて改憲派を有利にするとは思えない。天皇の退位の意向表明が改憲攻撃だうという中核派の論は彼らを孤立させるだけであろう。大同団結が必要な時に左から分裂させる方針は改憲を容易にさせる。一方自衛のためには軍事が必要であるとする共産党の論は改憲の勢いに屈服した右側からの分裂に繋がる。



[598] 生前退位を改憲に利用するs

投稿者: ぱ  投稿日:2016年 8月24日(水)18時02分27秒 49.229.54.93  通報   返信・引用

天皇の生前退位を利用し
どさくさに紛れて改憲を目論む政府

以下はインターネットからとった情報である。無断転載をお許し下さい。
生前退位に憲法改正は必要ない
日本テレビは昨日(2016年8月22日)、内閣法制局などが、天皇の生前退位を制度化するためには憲法改正が必要であると指摘していると報道した。同社のニュースサイトに掲載されたニュース原稿の全文はつぎの通りである。
天皇陛下の生前退位をめぐり、内閣法制局などが、将来にわたって生前退位を可能にするためには、「憲法改正が必要」と指摘していることが新たに分かった。
天皇陛下のお言葉について安倍首相は「重く受け止める」と表明したが、政府は憲法との整合性をいかに保つか、難題に直面している。政府関係者によると、憲法と法律との整合性をチェックする内閣法制局などは、生前退位を将来にわたって可能にするためには「憲法改正が必要」と指摘しているという。
これは憲法第1条で天皇の地位は日本国民の総意に基づくと定めていて、天皇の意思で退位することはこれに抵触するという理由。
一方、生前退位を今の天皇陛下にだけに限定するのであれば、特例法の制定で対応が可能だと説明しているという。政府は来月にも有識者会議を設置し、特例法の立法を軸に議論を進める考え。
菅官房長官「有識者会議の設置も含めて、どのように対応していくかということを、現在考えているところであります」
一方、特例法を定める場合でも退位された後の天皇の地位など、一から制度を作り上げる必要があり、政府高官は「調整はなかなか難しい」との見通しを示している。
天皇生前退位 制度化は「憲法改正が必要」(日テレNews24)
ちなみに、生前退位を可能とするために改憲が必要であるとする説(「改憲必要説」と呼ぼう)をメディアが採用するのはこれが初めてではない。8月6日・7日に実施された、産経新聞とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査においても、
現在の皇室制度では、天皇が生前に退位し、天皇の位を皇太子に譲る「生前退位」の規定がありません。生前退位について、あなたは、政府がどのように対応すべきだと思いますか。次の中から、あなたのお考えに近いものを1つ選び、お知らせください。
という質問(第13問)のつぎに、第14問として、
今後、天皇の「生前退位」が可能となるように、憲法を改正してもよいと思いますか、思いませんか。
という質問があった(→政治に関するFNN世論調査)。日本テレビの報道にせよ、産経=フジTVの世論調査にせよ、共通するのは、生前退位を(制度的に)可能とするためには、皇室典範の改正では足りず、憲法改正が必要になるという考えである。
しかし、このような考え(改憲必要説)は、憲法学界の通説的見解とも、日本政府がこれまで示してきた見解(政府見解)とも異なる。学説も、政府見解も、いずれも、生前退位の制度化のためには憲法改正は不要であるとしてきたのである。つまり、「改憲不要説」が通説である。
生前退位をめぐる憲法と皇室典範の関係
日本国憲法第2条は、皇位継承についてつぎのように定める。
皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。
ちなみに、大日本帝国憲法第2条では、つぎのように定められていた。
皇位ハ皇室典範ノ定ムル所ニ依リ皇男子孫之ヲ継承ス
両憲法の規定を比較すれば明らかであるが、旧憲法では皇位継承資格者を「皇男子孫」に限定し、いわゆる女帝を憲法上否定していたのに対し、現憲法ではそのような限定がない。代わりに、皇位継承についての憲法上の条件として定められているのは、「世襲」であることのみである。つまり皇位を継承するためには(嫡系の)子孫でありさえすればよく、それ以外の条件(子孫のうち女子は継承できるのか、継承順位をどうするか、そしてどのような場合に皇位継承が生じるのか、等々)については、現憲法では、「国会の議決した皇室典範」の定めにすべて委ねられているわけである。
そしてこれをうけて皇室典範の第4条が、皇位継承が生じる原因を、つぎのように定めている。
天皇が崩じたときは、皇嗣が、直ちに即位する。 皇室典範はこれ以外の皇位継承原因を定めておらず、したがって、皇位継承の原因は天皇の死去のみであり、いわゆる生前退位は認められないということになるのである。
以上の説明から明らかなように、生前退位を制度化するためには、皇室典範を改正すればよく、日本国憲法を改正する必要はない。なお、「皇室典範」とは変わった名称であるが、これは旧憲法時代の旧皇室典範の名前を受け継いだだけで、その実質は、旧憲法時代のものとは異なり、日本国憲法第2条がわざわざ「国会の議決した」と述べるように、たんなる法律である。したがって、通常の法律と同じ手続で、通常の法律と同じように改正することができる。
ここまで述べてきたことは、憲法学界の標準的な考え方(通説的見解)であるが、これは、日本政府がこれまでに表明してきた見解(政府見解)でもあった。
生前退位をめぐる政府見解
生前退位を認めるために憲法改正は不要であるという「改憲不要説」は、国会でくりかえし、政府によって表明されてきた。
たとえば、1971(昭和46)年3月10日の衆議院内閣委員会の議事録を紹介しよう。ときは第3次佐藤栄作内閣である。民社党の当選10回の大ベテラン、受田新吉議員の質問に対する、後に最高裁判事をも務めることになる、高辻正巳内閣法制局長官の答弁がそれである。
受田議員:「(前略)要するに皇室典範は、天皇が崩じたるときは、皇嗣があとをつがれるとなっていて、天皇は一生涯その任にあられるわけです。そうなっておる。したがって退位論ということになると、これは皇室典範の規定の『天皇が崩じた』ところを改めるということで、一応法律論として済むのではないかと私は思うのですけれども、憲法の規定は世襲のところを別に改める必要はない。憲法問題ではなくして、憲法の委任を受けた皇室典範の改正ということで済めば国会でいつでもこれが扱われるという立場であると思うのです。そのことはあなたとしてまた、別途法律論としては異論があれば異論を言っていただきたい(後略)。」
高辻長官:「(前略)天皇の御退位についての法律上の問題点の御指摘がございましたが、これは簡単に申せば仰せのとおりだと思います。憲法の第2条の、皇位は『国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。』という規定を受けまして皇室典範があって、これも御指摘のとおり第4条『天皇が崩じたときは、皇嗣が、直ちに即位する。』ということで、退位の御自由がないというのが現行の憲法及び法律のたてまえであります。したがって、概していえば仰せのとおりということがいえると思います。」
(国会会議録検索システム)
この約1年後にも、同様の「改憲不要説」が、こんどは宮内庁から示されている。1972(昭和47)年4月26日の参議院予算委員会第一分科会。前年の参院選で初当選したばかりの元アナウンサー、木島則夫議員(民社党)と瓜生順良宮内庁次長の質疑応答である。
木島議員:「陛下御自身の問題としてではなくて、制度の問題として、現行の皇室典範を立案する際も、実は天皇の退位制度の功罪についていろいろ検討があったようでございますけれども、まだその結論は得ておりません。(中略)この退位制度は、これは憲法には抵触をしないで皇室典範を改正すれば可能であると宮内庁では解釈されているかどうか、(中略)お伺いをしたいと思います。」
瓜生次長:「(前略)何か皇室典範を改正すればそういう御退位も可能かということでございますが、純粋の法律論から言えばそうだと思います、 憲法には規定がないわけでありまするから。しかし、そういうようなことをいろいろ論議することも、いまお元気な陛下のお立場を考えますと、あまり愉快なことではないように私も思います。(後略)」
(国会会議録検索システム)
もう一つ、同様の「改憲不要説」を紹介しておこう。1978(昭和53)年3月16日の参議院予算委員会。やはり元アナウンサーで、田英男らと院内会派「社会クラブ」を結成し、のちに江田五月らの社民連に合流する秦豊(はた・ゆたか)議員の質問と、真田秀夫内閣法制局長官の答弁がそれである。ときは福田赳夫内閣である。
秦議員:「お元気な天皇で大変結構だと思いますが、お元気であればあるほどいまのうちに――退位や譲位がないんですね、皇室典範を変えなきゃならぬわけですね、法的には。」
真田長官:「その点もおっしゃるとおりでございます。もちろん、学説の中には、退位は憲法上できないんだという説もないこともないのですけれども、通説としては、憲法上その退位ができるかできないかは、法律である皇室典範の規定に譲っているというふうに言われておりますから、おっしゃるとおり皇室典範の改正が必要だということに相なります。」
秦議員:「皇室典範を改めるというのは、何か法的な妨げがございますか。」
真田長官:「同じく皇室典範と申しましても、明治憲法下の皇室典範は一種特別な法形式でありましたが、現在の皇室典範は通例の法律と同じように国会の議決によってつくられたものであり、国会の議決によって改正することができます。(後略)」
(国会会議録検索システム)
以上から明らかなように、日本政府の見解は、憲法学界の通説と同様、生前退位の制度化のためには憲法改正は必要なく、皇室典範の改正で足りるとする、「改憲不要説」なのである。

なのになぜ、今回、日本テレビは、「政府関係者によると」、「内閣法制局など」が改憲必要説を指摘していると突然報道したのだろうか。不正確・不十分な報道(誤報?)なのか、それとも何か政治的意図があるのか、あるいはほんとうに内閣法制局が、過去の政府答弁にも憲法学界の通説にも反してそのような主張をしているのか(だとしたらそれは何故なのか)、現在の私には知る由もない。この点については、生前退位という論点そのものをめぐる議論とともに、今後の報道や(9月から始まるはずの臨時)国会での議論に注目したいと思う。
なお、生前退位と憲法をめぐる論点、とくに生前退位をどう制度化するべきかについては、言うまでもなくさまざまな議論がありうるし、私も必要に応じて今後論じていきたいとは思う。本稿は、それらの議論に立ち入るものではもちろんなく、ただ改憲必要説が内閣法制局などから主張されているという報道に接して、それはこれまでの政府見解とも学説とも異なるものである、ということを指摘するに留まるものである。



[597] 独立戦争

投稿者: ぱ  投稿日:2016年 8月20日(土)10時02分57秒 49.229.54.93  通報   返信・引用

日本が真に独立を望むならアメリカとの闘いは避けられないでしょうね。



[596] 沖縄や本土の「人権条項の適用除外」の源流は、国連憲章「敵国条項」だった

投稿者: 世捨て人 投稿日:2016年 8月19日(金)12時14分33秒 zaq3d2ec71e.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

つまり、もし日本が在日米軍や米軍基地の存在をおびやかすような行動に出た場合、米軍は勿論、フィリッピン・オーストラリア・ニュージーランドの軍隊が、国連安保理の許可なく、共同で日本を攻撃できるようになっていて、また法的権利としては現在でもそうなっている。

米国・フィリッピンとの「米比相互防衛条約」 1951年8月30日調印
米国・オーストラリア・ニュージーランドとの「太平洋安全保障条約」1951年9月1日調印
米国・日本との「旧・日米安保条約」1951年9月8日調印

未だに国際的な地位が低い日本・・無知な日本人は理解出来ないでしょうね。
まだ、日本の侵略政策の再現にそなえる安全保障協定が・・・存在することを・・・

せいぜい、オリンピックの宴に酔っていなさい愚民よ・・                合掌^^卍





[595] (無題)

投稿者: ぱ  投稿日:2016年 8月16日(火)21時46分43秒 49.229.60.253  通報   返信・引用

「沖縄の軍事基地化」と「日本全土での基地の提供」、これは実はふたつとも、昭和天皇を中心とする日本の支配層が、自らアメリカ側に提案したものです

天皇制と引き換えに沖縄を売ったのか。



[594] 天皇陛下、「深い反省」再度表明=終戦記念日

投稿者: ぱ  投稿日:2016年 8月15日(月)14時41分28秒 182.232.27.196  通報   返信・引用

天皇陛下、「深い反省」再度表明=終戦記念日
時事通信 8月15日(月)12時21分配信

 天皇陛下は15日の全国戦没者追悼式で、昨年に続き「深い反省」との表現をお言葉に盛り込まれた。


 追悼式のお言葉は陛下が自ら執筆しており、例年ほぼ同じ表現が続いていた。しかし、戦後70年の昨年は、「さきの大戦に対する深い反省」を中心に新たな文言が盛り込まれた。

 今年は全体的に一昨年までの文章に戻す一方で、「過去を顧み、深い反省とともに」と述べ、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願うと続けた。

 陛下は1992年に中国を訪れた際や、94年に韓国の大統領を迎えた際の晩さん会のお言葉で、「深い反省」の文言を使ったことがある。

 天皇、皇后両陛下は昨年のパラオでの慰霊に続き、今年1月にフィリピンを訪れ、日比双方の戦没者を慰霊している
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

上記のアキヒト天皇の深い反省は外交辞令ではなく、文字通り受け止めたい。すると阿部政権と天皇が対抗しているのである。



[593] 戦争責任なし・・というフィクション

投稿者: 世捨て人 投稿日:2016年 8月11日(木)11時44分21秒 zaq3d2ec71e.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

「天皇+米軍」が戦後日本の国家権力構造となった。                          そうした日米安保中心の国づくり、もっとはっきり言えば、軍事・外交面での徹底した対米従属路線をつくったのが、実は昭和天皇とその側近グループでした。 それはアメリカ側の公開資料で解っている。
「沖縄の軍事基地化」と「日本全土での基地の提供」、これは実はふたつとも、昭和天皇を中心とする日本の支配層が、自らアメリカ側に提案したものです。しかも政府を通さない裏ルートで提案したものなのです。
もちろん、だからと言って 昭和天皇が売国奴だったとかそういう話ではありません。歴史というのはそんな単純なものではない。冷戦構造の中でそうやってアメリカに全面協力したかわりに、日本は高度経済成長という大きな果実を手にしたわけです。 その背景にはマッカーサーによって、国家の戦力を放棄させられていたという厳然たる事実があります。
さまざまな歴史的経緯のなかで、日本人から圧倒的に支持されてきた天皇制と、戦後、世界の覇者となったアメリカ、なかでも人類史上最大の攻撃力を持つようになった米軍が強く結びつく形で、「戦後日本」の国家権力構造がつくられるようになった。考えると、これほど強力な政治体制もなかったでしょう。だから経済的に大成功もおさめたし、現在のようにあらゆる面で矛盾がふきだしても・・・なかなかリセットできないようです。

日本人の思考回路の劣化が凄ましい昨今・・GDP(国民総生産)は日本の倍です・・ドイツは・・
未だに先進国と思っています・・ドイツ人の半分しか働かない国民が・・

                                       *** 合掌 ***



[592] 真意

投稿者: ぱ  投稿日:2016年 8月 9日(火)09時48分3秒 49.229.117.180  通報   返信・引用

「真意」
読めば読むほど天皇の言葉の真意を読み取るのが難しい。大体昔から皇室の言葉は七色で、前から見える色と斜めから、あるいはいろんな角度から見える色が違うのである。
老齢であり、今後象徴天皇としての任務に耐えられないので退位したいというのが本音か建前かわからない。ともかく天皇を辞めたいという意思が非常に強いことがわかる。
僕はこう読んでいる。
国会の衆議院、参議院で改憲勢力が3分の2議席を占め、改憲が上程されることが確実になった。改憲の最大の内容は戦争放棄をうたった憲法第9条である。第9条があるがゆえに新憲法を平和憲法と呼ばれてきた。
昭和天皇が戦争責任をアメリカの戦後日本を支配するために残したまでデ、本来は最大の戦争犯罪者である。命をとり止めた昭和天皇は敗戦後深く反省し平和憲法を尊重する。その息子として育った今の天皇には心の底から戦争を憎み、平和を求めてきた。
しかし日本の政治は急速に戦争国家へと変貌している。平和憲法が風前の灯になっている。
天皇は改憲後九条が消え去り、平和憲法がなくなるならば天皇として在位することは出来ない。だから生前退位を強く求めている。天皇の戦争勢力に対する最大の抵抗がこのような形になって現れた。
そのようにぼくは天皇の真意を読んだ。



[591] 天皇陛下が今月8日に「お気持ち」を表明

投稿者: ぱ  投稿日:2016年 8月 4日(木)08時55分57秒 182.232.37.253  通報   返信・引用   編集済

 天皇陛下が今月8日に「お気持ち」を表明されることが、関係者への取材でわかりました。

 関係者によりますと、「生前退位」の意向を周囲に示している天皇陛下の自らの「お気持ち」の表明は、今月8日の午後に行なわれるということです。記者同席のもと、陛下が肉声で「お気持ち」を表明する模様を録画し、これを公表する方向で宮内庁が最終調整を進めています。

 「お気持ち」の内容は政治的な発言との議論を生みかねないため、「生前退位」への直接的な言及にはならない見込みです。(03日18:18)
最終更新:8月4日(木)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

先月参議院選挙で改憲勢力が3分の2議席を占めて二日後に天皇は生前退位の意向を表明し騒然となった。それは天皇が現憲法を支持し改悪後の憲法を拒否することを意味するとしてマスコミや識者が受け止めたからである。天皇が改憲前に退位すれば改悪後の新憲法は発布できないという。
天皇は終身天皇であらねばならないか、生前退位できるのか、皇室典範に定かではなく、皇室典範そのものを変えようという動きもある。天皇に圧力がかかっていることが 読み取れる。
8月8日の天皇のお言葉が注目されるのはまさに憲法問題があるからである。
 



[590] 幽閉

投稿者: ぱ  投稿日:2016年 7月23日(土)21時28分4秒 182.232.46.212  通報   返信・引用

羽毛田信吾次長(当時)は、
1)退位を認めると歴史上いろいろ見られたような、所謂上皇や法皇的な存在というものの弊害が出るおそれがある。
2)必ずしも天皇の自由意志に基づかない退位ということの強制が有り得る。
3)天皇が恣意的に退位する懸念がある、
これでは天王寺民主主義も自由もない、天皇は皇居の堀の中に幽閉されているじゃないか。



[589] 天皇の地位を安定させるのが望ましい・・

投稿者: 世捨て人 投稿日:2016年 7月20日(水)16時49分40秒 zaq3d2ec71e.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

・・と言う観点と、天皇自身が望まれたときは、退位なされるようにした方がいい。との問題提起に対し、
宮内庁の羽毛田信吾次長(当時)は、
1)退位を認めると歴史上いろいろ見られたような、所謂上皇や法皇的な存在というものの弊害が出るおそれがある。
2)必ずしも天皇の自由意志に基づかない退位ということの強制が有り得る。
3)天皇が恣意的に退位する懸念がある、などと説明。

退位が出来ないのは、「院政」をはじめとした政治的な動きを皇位継承に波及させないための工夫だとも言え、皇室典範を改正して「生前退位」を可能にするためには、こういった課題を解決する必要がありそうだ。

憶測ですが・・(宮内庁関係者の間での見かた・・)
明仁天皇の「生前退位の意思表明」は、安倍政権と日本会議の改憲=戦前回帰に対する最後の抵抗だったと思います。
来るべき時期を静かに見守る日々が続き・・安倍の戦前回帰への目論見を潰さねば・・

敗戦後70年の 日本に・・・やってきた大きな・・ターニングポイントが・・




[588] もみ消しか

投稿者: ぱ  投稿日:2016年 7月19日(火)09時30分18秒 182.232.35.44  通報   返信・引用

天皇の退位表明以来二週間たちましたが、こちらではインターネットのニュースではほとんど話題になっていません。日本の新聞やテレビでは取りざたされているのでしょうか。改憲の論議もまったくなくなり拍子抜けした感じです。退位表明のもみ消しか、あるいは改憲派の意思阻喪か、どのようのお考えですか。



[587] ありがとうございます

投稿者: ぱ  投稿日:2016年 7月17日(日)19時57分54秒 182.232.33.63  通報   返信・引用

ありがとうございます。返事を差し上げたいのですが今朝から体調が悪く、後ほど。



[586] ニューヨーク タイムスにも記事が・・

投稿者: 世捨て人 投稿日:2016年 7月16日(土)11時32分50秒 zaq3d2ec71e.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

 先ず、日本の憲法改正には天皇による公布というプロセスが必須でこれが大前提なのだ。
しかし、現天皇は生前退位をすでに表明している 今は天皇不在の為公布ができない前提の崩れた状態・・
しかも生前退位というのは皇室のルール外の行為であり、先ずは生前退位ということが可能かどうかという
点で、皇室典範という皇室の法律に関する議論をしなければならない・・
ところが女系天皇で取沙汰されたように天皇問題はとにかくもめる・・よって、時間がかかる。
   **** The New York Times ****
「生前退位の知らせは、まさに安倍晋三総理の自民党が参議院で圧勝した3日後のことだ。
安倍総理は改憲発議の要件である3分2議席を獲得したのである。安倍氏は長年にわたり、日本の完全な
戦争放棄を謳う憲法の条文を覆したい(Overturn)という野望を抱いている」
「天皇は公的な政治的権限を有していないにせよ、今上天皇が生前退位によって皇位を継承させる徳仁皇太子
の存在は、安部総理が目指す憲法改正と好対照をなしているかもしれない」
                             2016年7月13日 ニューヨークタイムス紙 当然のことながら・・皇室典範を改正しなければならない、
安倍が企てる、九条改正前に・・

                            頼りない愚民国家 日本より・・



[585] 質問 世捨て人さんへ

投稿者: ぱ  投稿日:2016年 7月16日(土)10時11分16秒 182.232.21.159  通報   返信・引用

「皇室典範改正は国会での憲法改正よりも最優先事項になり、現時点で天皇陛下が生前退位するって事は、
2018年までどう足掻こうが憲法改正はできないのだ。」
天皇が生前退位するためには皇室典範改正しなければならないのでしょうか。教えて下さい。


レンタル掲示板
584件の内、新着の記事から20件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.