teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 神威(1)
  2. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


(無題)

 投稿者:封魔  投稿日:2013年12月18日(水)11時11分57秒 ai126213004103.5.tss.access-internet.ne.jp
返信・引用 編集済
 




─<キャラクターネーム>─
死雲 冬夜
-Touya Sigumo-
─<基礎情報>─
【 性別 】
牡 / 男
【 年齢 】
18 / 高3
【 身長 】
184cm
【 体重 】
65kg
【 容姿 】
肌色に近い短き髪を保持為せ、其の双眼は吸血鬼の血が混じった所為か、
不思議な紅き眼をしている。現在の服装は上着が白く、どの様な季節で在ろうと
コートを手放さなく、常に身に羽織っている。中にも数枚着ている様だが、
不思議と暑くない様だ。常に笑顔を絶やさず、其の笑みは時には極寒の冬を
連想させる程の冷たき物や、暖かき春を連想させる程の柔らかい笑顔等、様々な物を
持っているが、彼の其の表情に雫が毀れる事は先ず無い。其れを隠す為の笑顔ともされている
【 性格 】
先程でも書したが、彼は外に悲しみを見せず、外に辛く当たる者。
在る人物と瓜二つとも言われる程の冷たさと優しさを持ち、悲しみを持つ。
だが其の悲しみを表に出す事は先ず絶対に無く、在れば其の者を心の其処から信頼
しているのだろう。本人曰く、悲しみを人に明かしても何一つ変わらぬ、其の上、
其れを同情し、共感した様な素振りを見せる人達にも呆れが来る。との事。
又、戦闘に置いてはゲイムを題材とし、常に其の戦闘をチェスの様に見立て、
其処より彼は楽しみに入るという。故に殺戮は余りしないとの事。
─<武装情報>─
≪ 冬凍-虚終神武装 Syuutou-Kyosyuusinnbusou ≫
彼の『存在』をまるごと武器にし、同時に其の『存在』を保つ為に生まれた武装。
其の武装は『全て』の武器で在り、常に持ち歩いている武器。どんな武器でも出現する。
否、其れは出現等という物ではない。『既に出現』している為に、現れた。作成した結果を
消し去る物は作用せず、彼の『存在』が在るからこそ、在る物は在る物の如く、
段階を見せずに『攻撃』する事が出来る。亦『既に出現』しているからこそ、其の武器を
『不可視』の段階で『精神』的なダメージを与えたり、当たる直前に『不可視』を解除
する事により、『存在』での『精神』的ダメージから『物理』的ダメージへと移行する。
亦、彼の『存在』が武装ならば、彼の『思考』や『世界観』から武装の『性質』『特性』が
生まれる。其の『思考』『世界観』は無限に広がり、彼の優越感から『孤高』が生まれ
彼の虚心から『嘘』を『現実』にする作用が含まれたり。後は名前だ。
『冬夜』の名の通り、其の名前『冬』『夜』に関連する行動が可能になる。
冬からは氷の属性で在り、凍てつかせる吹雪で在り、其の想像通りの世界へと凍て付かせ其の通りに変化する。
夜からは陰の属性で在り、陽を飲み込む大闇で在り、其の現在の陽とは逆の世界の陰へと変化させる。
彼の全てが其の武装と為り、彼の全てが其の特性と為る武器は、所謂無敵とも取れるだろう。
─<体質情報>─
≪ 西洋風将棋遊戯 Tixesu-geimu ≫
チェスゲイムとは即ち『王様』を取り合うゲイム。『王様』を取れば勝ちとなるゲイム。
其の『王様』は部下を従え、お互いに攻防戦を取り合う。が、彼の体質と為った時点で
『正しい』ルールは適応されなくなり、『イカサマ』同然のゲイム展開を魅せる。
彼の思考する戦闘とは即ち『チェスゲイム』なのである。其の見立て同然の其の状況より
『チェスゲイム』の力を発揮させる。言うが見立てだ。無論、其の見立てから相手が
消えれば、『チェスゲイム』外の行動と化し、無意味と為り得る。
彼の場合。異能や体質等で此方に攻撃してくるのを『チェック』と例え、
其の『チェック』を『別の何か』で防ぐのが当たり前であるが、無論、『王様』は動いて
構わないのだ。相手の異能・体質等の効果は『王様』が『動いた』事により『無意味』となる。
其れは『無意味』等では無いのかもしれない。若しかすれば『無視』に近い表現と為るだろう。
『白黒』付けられた盤上。即ち『両極端』な物を作用させる。して連想させる『チェス』
其の『両極端』さより引き出したのは『両極端』な物を直ぐに作用させる方法をも手に入れたのだ。
≪ 変身ごっこ Transformation ≫
子供がするごっこ遊びとは『本物』に似た別の何かを『想像』し、遊戯を行う物である。
其のごっこ遊びを『能力』の様にしたのが之である。其れは『全て』になりきれるが
『別の何か』で在り、即ち『偽者』で在る。相手が認識しているのは『本物』で在るが、
彼の場合は『別の何か』で在る為、其の『本物』だと誤認為せて放たせた異能は『空振り』
と為り、『別の何か』で在る彼に影響を及ぼす事は無い。つまり、対称にする物から誤認を
始め。本質を理解していないから『空振り』を引き起こす。つまり常に彼は『変身ごっこ』
をしているのだ。警戒心を解かせ、信頼を得れたらこの能力は解除されるだろう。
≪ 遊戯 Game ≫
ゲイム。其れは無限に存在し、ルールも様々で在る事から『無限遊戯』と彼は呼んでいる。
『無限』とは、何処までも果てしなく続き、終わりが無い様と捉えられ、亦、『遊戯』は
ゲイムを指す意味をしている。其の『遊戯』の『支配人』役を務める事もしばしばある
彼は、其の『遊戯』で『対戦者』『挑戦者』を『玩び』心から『崩し去る』事を体に覚えさせた
事から体質と化した。其の『遊戯』を現実的に作用させる事は勿論。『支配人』と
いう立場を有効利用し相手を『惑わせ』『落とす』其れは一方的な『支配人』の『遊戯』に過ぎず、
『挑戦者』達は其の『玩ぶ』『支配人』の方法で何度も負けを繰り返し、最終的には
地球のゴミ。『崩れ去った後の抜け殻(ニート)』と化すと言われ続けている。
≪ 吸血鬼 Dracula ≫
『吸血鬼』の地を復活の際に交えた彼。其の吸血鬼の血からして既に彼は人間ではないのか
も知れないが、一応人間の血と吸血鬼の血が混じった混血で在る。但し『治癒能力』に退けは
取らず、どれ程の上級種の血が混じったのか『吸血鬼』の弱点とされている物が一切効かない。
『治癒能力』は1秒で傷を治せる。否、其れ以下だ。但し意識しないと治せない故、頭を砕かれれば
流石に死ぬ。心臓を貫かれても死なない彼は、先ず、自分自身が何故こうなったのか、
悔やむばかりで居た。但し、戦闘面に置いては使える能力なので、其処は嬉しいらしい。
≪ 輪の外 Wanosoto ≫
大きな『理(ことわり)』の外。其の状態に移行させるのがこの体質である。
其の『理』の外に移行されれば、異能を掛けていれば起こる筈の結果が生まれない。
即ち、『原因』が在って『結果』が在るという『因果』が崩されるのと同等の効果を
持ち合わせている。但し、外に居れば単発発動で相手に影響を及ぼさせる事は無い。
という大きな『理』の外に居る彼は勿論、相手に影響を与える為に『因果』は保たれる。
但し、そうなってしまえば自分が目に見えない存在に為ってしまったり、
存在しなくなってしまう場合が在るが、彼の場合其れを有効活用してしまうという。
─<異能情報>─
≪ ハイライト Highlight ≫
試合でよくある『ハイライト』其の逸した光景をもう一度繰り返す其れは、
相手の干渉を孤立させる。其の部分だけを切り取ってしまう物である。
簡単に言えば、炎を飛ばして来てもハイライトで切り取れば炎は消え去るし、
無論、死んだ事を切り取れば生き返る。そんな異能である。
≪ 不混 Hukon ≫
全てに『不』は存在する。其の『不』を全ての対象に取り付ける事が可能になる異能。
─<異常>─
≪ 通常と異なる者 Ijyousya ≫
彼は『異常』な光景を『基準』にし『適応』し『対応』出来る『異常者』だ。
『異常』を『基準』『当たり前』で在ると『適応』『対応』する。云わば『超進化者』
なのかも知れない。其の不思議な状態を『通常』とすれば『対応』し、其の状態を
自身の『通常』と化する。つまりは其の『異常』が冬夜の『通常』で在るから自分も
『使用可能』という訳だ。彼は『異常者』なんかではない。『普通』の人間なんだよ。
──と、自分で思って居るらしい。
─<遊戯具>─
≪ マジック Magic-Trick ≫
『タネ』も『仕掛け』も無い『マジック』を起こす遊戯具。
『タネ』も『仕掛け』も無い『マジック』なんて在るのだろうか。
若し本当に『タネ』も『仕掛け』も無い『マジック』なら其れは『奇跡』だろう。
若し『タネ』や『仕掛け』が在るのならば其れは唯の『イカサマ』だろう。
そんな『奇跡』を起こしそんな『現実』を魅せる『マジック』は人の心さえも魅了する。
『奇術』や『トリック』なんてモンじゃない。
唯の『マジック』なんだよ
──  君は『マジック』に惑わされて 、 何処迄魅了されるかな ?  ──
─<最終遊戯具>─
≪ 天に近付く英雄の翼を捥ぎ地に落とす冷酷な王様 ≫
『愚者』や『凡人』等にこの様な遊戯具は必要無いだろうと封じられた筈の遊戯具。
之は彼の先祖が封じた絶対禁忌の遊戯具。彼はそんな遊戯具を見つけてしまった。
其れは『無』か『有』か。『神様』か『全知全能』か『無能』か『支配者』か。
『絶対』か『主義者』か何なのか。其れが我が足元にも及ばせぬ為に作られた遊戯具で在るのか
天を所持者。英雄を侵攻者と例えれば簡単な話である。之はとある昔のお話──。
〝 天に近付きすぎた英雄は 、 翼を捥がれて地に落とされる 〟
地に落とされた英雄は二度と『復活不能』に為り、天に近付く事すら出来ない唯の人。
其の本質は『無』か『有』かそんな事はどうでもいい。
天に存在する『王様』が『侵入者』を叩き落し頂点を保ち続ける。詰まり『孤高』
其の高みを不動と為せる為の遊戯具で在り、其の効果は、其の『侵入者』の動力源を
消し去り、そもそもが『侵入』出来ない状態へと誘い。裁きを下す物。動力源を奪われれば
其の存在は二度と活動することは無い。動かない物と為ったチリクズは何時か果て、尽きる。
其れでも『侵入者』は『侵攻』してくるか? 二度と活動出来ない窮地に立たされ様としても
彼に会う為に ? 殺す為に ? 地位を奪う為に ?
『侵入者』はどう為す。そしてどう動き、果てようとする───
─<役者名>─
【 チェスゲイマー / 冷酷王 】
─<伽羅備考>─
彼は一度死んだ身で在り、再び復活した理に適わない者である。元の感情に混じった血種
の所為か、冷酷さが彼の中に取り付いてしまった。普段から変わらない様に思えるが、冷
たさが混じり、今迄の様に敵意が無い笑顔を素で出せない状態になってしまったのに彼は
気付いておらず、本人曰く、何時までも変わらぬ状態を維持し続けている。と言っている
が、其の顔に笑みは無く、其の後、其れを取材し公表した物は残念ながら行方を晦まし、
死んだのではと一部で囁かれ続けている。今も彼の中に存在し続ける終焉の覇者はあまり
出現しなくなり、彼が彼で在る時間が増えたという。勿論其れに合わせ彼の能力も上がり
終焉の覇者が持ち得る体質等も極偶に彼が使用するらしい。
 
 

(無題)

 投稿者:封魔  投稿日:2013年12月16日(月)01時42分43秒 ai126213135106.5.tss.access-internet.ne.jp
返信・引用
  試し。out  

(無題)

 投稿者:破情者  投稿日:2013年 9月13日(金)20時55分19秒 ai126213004103.5.tss.access-internet.ne.jp
返信・引用 編集済
  赤い

http://

 

(無題)

 投稿者:-ゲーム-  投稿日:2013年 8月21日(水)21時39分25秒 ai126194016171.1.tss.access-internet.ne.jp
返信・引用
  【名前】
死雲 冬夜 -Touya Sigumo-

【偽名】
Infierno=Fortuna -インフェルノ=フォルトゥーナ-

【性別】
雄。

【年齢】
18歳

【身長】
184cm

【体重】
65kg

【容姿】
黒髪の短髪。眼は紅に染まっている。
髪は例えるなら先の見えぬ暗い廊下。光の無い闇。
瞳を例えるなら鮮血。炎。等であろうか。
服装は黒主体とし、深夜の活動をメインとしている。
他、イメ画参考にしてくだされ。

【存在】
盤上操作官且ディーラー

【体質】
-ゲイムマスター-
ディーラー(盤上を見通す管理者、覇者)
操作官(盤上を操作する物。所有物の転生等)
始点終点(始まりと終わりの点を行き来させる)

-オールジャンルゲイマ-
ゲイマー(データ、チェス、オセロ、フィクション、罪、解剖)
オールジャンル(全ての存在に対しての干渉を可能にする)
一手(革命、誘導、覇者)
手戻(行動を戻す)

-反則遊戯-
反転(一転を反転させる。つまりは逆転)
追い込み(相手の認識外での行動)
ルール(破ったり、作ったり)

【異能】
-非ずる道-
残虐非道(残虐に能力を消滅させ、全ての道のりの非を歩む)

-塵捨て-
片付け(全てを片付ける)

-試合-
ハイライト(戦闘の一部を切り取る物)
リプレイ(戦闘の一部を復活させる物)

-鏡迷宮-
鏡の迷路(迷いの道で在り、相手の能力や行動を鏡の迷路で一生迷わせるという物)

【魔眼】
-神眼-
神目線(神の目線で全てを見通す程度)

【武装】
-マジックブレード-
特性消滅、形の無い刀、
 

(無題)

 投稿者:チェスゲイマー  投稿日:2013年 8月 9日(金)00時43分56秒 ai126213149119.5.tss.access-internet.ne.jp
返信・引用
  ((   Kouga    /   雄    /   18    /   184cm    /   紅髪   /   紅眼   /   喫煙者   /   無口   /   後訊     

(無題)

 投稿者:―チェスゲイマー―  投稿日:2013年 8月 1日(木)05時00分33秒 ai126213143065.5.tss.access-internet.ne.jp
返信・引用
  ≪ギャンブラー≫
カジノに存在するこの異名。この体質は戦闘時のみにしか発動されず、戦闘だと己が認識した時点で
自動的に発動される。之は戦闘での下位に必ず存在させ、己に強靭な迄の運を与える能力。
下位。というのはカジノで例えてディーラーの下に位置する者。王様で例えて愚民。其の下位に存在する彼だから
こその能力内容。其れは、相手の能力対象から外れもせず逃れもせず其れを攻略するという物。
つまりは、相手の能力から逃れるのが不可能である下位の存在が、暴れても仕方が無い。
相手の其の能力を此方の手の物と化させて弄くる物。ディーラーより出されたゲイム。其れが此方に
有利か不利かと言ってしまえばどちらかというと不利だろう。相手にはゲイムを指揮する全権が在る。
其の全権の元で働くのは彼。ゲイムを愉しみ、尚且勝とうとする心意気。其の出された能力カードを
己の好きな様に動かして出す。その結果。彼の一番の結果と成り、終わる。其の結果というのも、
之亦彼の気分で全てが決するのだが。
 

レンタル掲示板
/1